私が気にしているお風呂の入り方

 

乾燥肌対策の基本は当然、スキンケアクリームや化粧水で保湿対策をするということが一番なのですが、それらをやった上で私が常に気にしているのは、お風呂の入り方です。

 

あまりにも熱いお湯は皮脂を落としてしまうんですね。これが意外と錯覚しがちなのですが、汗もだらだらかけば体にいいという人が意外と多いんですが、乾燥肌にとってはむしろ熱すぎるお湯はマイナスとなります。お湯は38〜39度のぬるめがいいかと思います。

 

それと重要ポイントがもう一つあります。

 

それはメークは落とさずにお風呂に入って、メークお年の洗顔は出る直前にしましょうということです。こうすることによってお湯による皮脂の落ちすぎを防いで乾燥肌になるのを幾分防ぐことが出来るんですね。

 

それと乾燥肌の人は=敏感肌といっても差し支えない状況にあるということも見逃せません。皮脂がはがれているということは、それだけ菌などは入り込みやすい状態になっています。すると二次被害として赤く爛れたり黒ずんだりなんてこともありますから、乾燥肌の方は敏感肌としてのリスクも抱えていると念頭に置いた上で、上述したお風呂場で出来る乾燥肌対策を初め、洗顔後の美容液でのケアなどを心がけて頂ければと思います。

 

トップページへ戻る