敏感肌化粧品の化粧水などを使ってケアする

敏感肌化粧品と言っても様々な用途の化粧品があふれているため、肌の調子によって化粧品を選ぶのは一苦労ですが、肌に合わない物は余計な肌トラブルを招きますので慎重に選ぶ必要があります。

 

自分の肌に合った敏感肌化粧品を選ぶためには、自分の肌の状態を良く見極め、どのような状態を改善したいのかで選ぶ商品が変わります。敏感肌と言っても様々でニキビや乾燥肌、脂症、アトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方など様々な悩みを持つ方がいます。

 

ニキビに悩む方はニキビを改善する化粧水を選びますが、通常のニキビ用化粧水は肌に強い刺激を与える成分が含まれている事も多いため、一度でも化粧品で肌トラブルを経験した事のある方は敏感肌化粧品でニキビ予防、改善作用のある商品の購入が安心です。

 

ニキビができた肌はバリア機能が減ってる場合が多いため、外部からのダメージから肌を守るコウエキスやベンナイトなどのバリア機能を正常化する成分が含まれた製品が効果的となります。酷い乾燥肌に悩まされている方も敏感肌化粧品の使用が効果的です。空気が乾燥する冬だけ乾燥肌に悩む方は冬だけ使用する事も効果的です。

 

乾燥肌の原因はセラミドの不足

乾燥肌の原因の殆どは、表皮の角質層にある保湿成分セラミドが不足しているため、カサカサしたり皮が向けたり、粉をふく状態になってしまいますので、乾燥を改善したい方はセラミドが配合された敏感肌化粧品を選びます。

 

健康な肌の水分量は15%以上ありますが、水分量が減り続けると乾燥肌の症状が起こりますので、水分量をキープし潤いを肌に閉じ込める作用があるコラーゲンやヒアルロン酸が含まれている敏感肌化粧品もおすすめです。

 

アトピー肌の方は化粧品選びの前に皮膚科の受診をする事をおすすめします。アトピーは患者さんによって訴える症状は様々で、乾燥、かゆみ、赤く腫れたりなど症状が酷い方は医師に相談し薬の処方が必要の場合があるため、医師や薬剤師に通常使っている化粧品などがあれば報告するのが安全です。

 

トップページへ戻る